Newsroom

お知らせ

登壇・掲載

2021/11/01

新刊『行政をハックしよう――ユーザー中心の行政デジタルサービスを目指して』で弊社をご紹介いただいています

現職の官僚であり、行政デジタル化・DXに精通されている吉田泰己さんが執筆された『行政をハックしよう――ユーザー中心の行政デジタルサービスを目指して』(発行:ぎょうせい)の中で、弊社をご紹介いただいています。

Chapter9「目指すべきGovernment as a Serviceの方向性」内のコーナー「市民による政治参画のデジタル化」において、『テクノロジーを活用した市民による新しい政治参画の可能性』の事例として、弊社をご紹介いただきました。

当該文中でご紹介いただいている通り、私たちLiquitousはオンラインの参加型合意形成プラットフォーム"Liqlid"の開発・自治体を念頭においた社会実装のほか、政策研究・企画事業として、国内外の事例等の調査研究等やパブリックアフェアーズにも取り組んでいます。

弊社は引き続き、オンラインの参加型合意形成プラットフォーム“Liqlid”の社会実装による、「民主主義のDX」に取り組んで参ります。


掲載情報
掲載誌行政をハックしよう――ユーザー中心の行政デジタルサービスを目指して
著者(敬称略)吉田泰己(経済産業省商務情報政策局情報プロジェクト室長)
発売年月日2021年11月15日
発行者ぎょうせい
掲載見出しテクノロジーを活用した市民による新しい政治参画の可能性
掲載ページP.236
参考リンクhttps://shop.gyosei.jp/products/detail/10892(*外部リンク)

Newsroom

お知らせ

>他の記事を読む